スポンサードリンク

スポンサードリンク

2016年3月17日木曜日

下剤でダイエットはできるのか

只今腹を下してまして、それで思いついた話。
下剤でダイエットをする人がいます。処方薬の時もあれば、市販の下剤、便秘を治すお茶、果ては「これを飲んだら翌日どどどっと出て、それで痩せました☆」の類のよくわからないサプリメント(?)。
さて、下剤でダイエットはできるるのでしょうか。

答えからいいますと、痩せると思います。単純に体重は落ちます。
下剤で体重が落ちる理由は、思いつく限り3つあります。


  1. 便秘で溜まっていた便が出て行ったための、便の重量
  2. 下痢になることで脱水になったための、水の重量
  3. 栄養が吸収されなくなり、それで落ちた脂肪・筋肉の重量




宿便という言い方は医学的ではありませんが、ひどい便秘の方は腸の中にかなりの量の便をためこんでいます。ですので「翌日どどどっと」の直後は明らかに出て行った便の分、体重が減ります。

また、下剤を使う事で、本来吸収されるべき水が吸収されにくくなります。このため、脱水を引き起こします。脱水になれば、1kgくらい簡単に減ります。

1番2番は「痩せた」うちには入らない事はわかると思います。
問題は3番です。おそらく下剤ダイエットをする人は「どんなに食べても、吸収される前に出しちゃえば太らないじゃん? あったまいいー」とでもお考えなのではないでしょうか。
その通り、下剤で腸を通過する時間を短くすれば、その分栄養は吸収されません(もちろん水も)。
足りなくなったエネルギーを作るために、蓄えられた筋肉や脂肪が消費されます。従ってやせます。
しかし、考えてみてください。そんな都合良く痩せれると思いますか?
吸収されないのは、カロリーだけじゃないんです。身体を維持し、動かすのに大切な栄養も全て吸収されません。
ダイエットして、お肌はかっさかさのぼろぼろ、骨はスカスカ。あちこち栄養失調で病気だらけ。そんなので痩せた意味はありますか?
電解質も狂いまくりですね。低カリウム血症なんかで痙攣起こして、いつ病院おくりになってもおかしくないですよ。

というわけで、下剤ダイエットは「痩せるけど痩せる意味はない」という結論になります。
あなたはなにのために痩せますか? 数字のためですか?


(それにしても早く下痢が治らないと寝れないですよ……お腹冷やしたかなあ……)

0 件のコメント:

コメントを投稿

返信は難しいかもしれませんが、よろしければ感想などどうぞ。