スポンサードリンク

スポンサードリンク

2016年3月11日金曜日

あなたは「肥満」ですか? 太っているか痩せているかBMIでチェック

まずはダイエットの基本の基本。
「そもそも私って太っているの?」
というところから始めましょう。

妊娠ブログから派生しているので妊娠の話題が多くなることはご了承ください。
妊娠するにあたって、肥満があれこれ問題であることは別記事に書いた通りです。
ところが……
「肥満ではないのに、肥満だと思い込んでいる人」と、「肥満なのに、自分は太ってないと思い込んでいる人」が多い!
ですので、まずはきちんと自分が「肥満」であるかどうか、確認してみましょう。

これは、見た目が太っているかどうかという問題ではありません。健康的であるかどうかの意味の「肥満」です。

これからも長くおつきあいする「BMI」というのを計算することで、あなたが「肥満」かどうか判定できます。
本当は計算方法のスクリプトを埋め込みたかったんですが、ちょっと面倒なのでまた後日。
計算式を紹介しますので、電卓か筆算で計算してみてください。

BMI(body mass index)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

身長はメートルで計算します。
私の場合は、体重53kg、身長171cmですので、BMI=53÷1.71÷1.71=18.13となります。
BMIが18.5未満は少々痩せすぎです(すいません、産後体重が戻らなくて……)。もう少し太った方が健康的。
18.5〜25までは正常範囲です。特に22が一番「健康的」な体重です。
そして、25以上は……そう「肥満」! です!
これに、肥満関連疾患が1つでもある、もしくはCTで体脂肪が溜まっていることが確認されたら「肥満症」という立派な病名がつきます。そう、病気なんです。妊娠関連で言うなら、BMI25以上で月経異常があるだけで「肥満症」なんですよ。
ちなみに35を越えると「高度肥満」とランクアップします。

どこからをダイエットが必要なラインかと言いますと、諸説紛々ありますが、私としては「BMI25を越えていたらダイエットしましょう」と言いたいですね。健康被害が生じてからでは遅い! 不妊の原因になっているかもしれないならなおのことです。
個人的にはBMI22を越え始めていたら、BMI22に近づける努力をすることをおすすめします。太れば太るほど、痩せるのに時間がかかります。
さあ、あなたもBMIの計算をしてみましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿

返信は難しいかもしれませんが、よろしければ感想などどうぞ。